2019年12月25日

新着情報

徳永薬局の薬剤師による様々な健康管理・セルフメディケーションに役立つ情報を毎月配信

◆◆12月のテーマ①:「保湿」◆◆

ご高齢の方にピッタリの冬場のスキンケア

冬は空気もお肌も乾燥する季節です。乾燥はいろいろな皮膚トラブルの原因です。そこで今回は①お肌の乾燥の原因と②予防のためのスキンケアについてお伝えしていきます!

①★お肌の乾燥とトラブルについて★

上のイラストは健康な皮膚と乾燥した皮膚を表したものです。健康な皮膚は皮脂膜や角質層が整っており、外からの刺激から守るバリアがはられています。乾燥した皮膚はバリアがうまく機能せず、外部の刺激が侵入しやすい状態になっています。外部からの刺激により、かゆみ、発赤(湿疹)等の症状が出てきます。

なぜ皮膚は乾燥してしまうのでしょうか?高齢の方の原因は2つあります。

1、加齢により皮脂の分泌が低下している

2、入浴時にゴシゴシ洗ったり、強力な石鹸を使用している

この二つが原因で乾燥が引き起こされていることが多いです。特に入浴の際はゴシゴシ洗わずによく泡立てた洗浄料(石鹸など)でやさしく、手早く洗うようにしましょう。

②★乾燥予防のためのスキンケア★

まず、塗り薬の種類ですが、上のイラストのように塗り薬は主に3種類に分けられます。使用感がそれぞれ異なるので、使用感や乾燥の度合いで使い分けます。

次に使用するタイミングです。使用するタイミングで一番効果的なのは入浴後すぐです。朝晩塗れるとより効果が得られやすいため、朝の着替えの際にも塗ることをおすすめします。

気温が急激に下がる秋から冬にかけて空気がとても乾くようになり、暖房がきいた室内が常に乾燥しています。加湿器などを使ってお部屋の湿度を保ちましょう。

肌の症状がひどくなったら医療機関を受診しましょう。

これからますます寒くなります。

肌の保湿に気を付けて、寒い冬を乗り切りましょう。

記事作成:唐木田薬局

★店舗情報はこちらから★

PAGETOP