tel 042-370-7251

ホーム > 採用情報 > 先輩の声 > 先輩の声 中西薬剤師

先輩の声

先輩の声 中西薬剤師

先輩の声 中西薬剤師

  • どんなに大変でも、徳永薬局でしか味わうことのできない感動があります。
  • 患者様の人生に寄り添った薬剤師になりたい。

先輩の声 中西薬剤師

私は大学卒業後、大手ドラッグストアで3年間OTC販売と調剤業務を行ってきました。
OTC業務では薬の相談以外の仕事も多く、もっと薬剤師にしかできない仕事がしたい、もっと患者様の役に立ちたいと思い、平成23年7月に以前より興味のあった在宅活動を行っている徳永薬局に転職しました。

今までは店舗内で勤務していたので、在宅業務は初めての経験でした。
外来業務またはOTCの接客とは違い、ご自身でお薬を取りに来られない方のお宅へ伺って各々の患者様に合わせた服薬指導が必要となります。

中には歩行が困難だったり、自分自身での服薬が難しい方等様々で、決まった指導などもちろんありません。

きちんと指示通り服用できている方のほうが少ないと感じるくらいで、コンプライアンスの向上が外来患者以上に難しく、また問題であると感じました。

胃ろうや中心静脈栄養、尿道カテーテル等、外来では接する機会のない患者様がおり、在宅を始めてからは薬剤の知識だけではなく、医療の知識も持ち合わせる必要があると感じました。
 
在宅業務を始めて最初に担当したがん患者さんがとても印象に残っています。

奥様と娘様が介護をしており、患者様はベッドで寝たきりでした。
食事もほぼ取れず、水分を末梢から点滴で入れていました。

痛み止めは始めオキシコンチンでしたが内服が困難になりデュロテップMTパッチに変更になりました。

痛みが強くなり、毎回のように薬が増量になり症状が急変しました。

ほぼ毎日のようにお薬をお届けしました。

また患者様の若かった時のこと等、色々お話ししました。

夜遅くなることも少なくはありませんでした。

しかし、薬を届けるといつもありがとうとコーヒーやお茶を出してくれました。

そしてある日、クリニックからお亡くなりになったと連絡がありました。
今まで接した患者様が亡くなる経験は初めてでした。

しばらくして患者様のご自宅にお薬をひきとりに行きました。
私は、ご家族がとても悲しんでいると思いドアを開けると笑顔で迎えてくれました。
患者様の生前の話をご家族とし、最後にいつものようにペットボトルのお茶をいただきました。

そして「お世話になりました」と言われた時、本当に嬉しく思ったと同時に、大変でもお薬を届けてよかったと強く感じたことを覚えています。

最高のことができていたか不安でしたがその一言が答えになってくれた気がしました。
よく耳にする一言ですが、とても心に響いた一言でした。

薬の指導だけではない、一生懸命が伝わったのだと思います。

薬剤師は人生の最期に関わることは少ないと思いますが、できることもたくさんあると思います。
今後も徳永薬局在宅部で多くの患者様のお役に立てるよう、この一言を思い出しながら在宅活動に励みたいと思います。

オススメポイント

患者様と近い距離で接することができます!
私は、グループホームや有料老人ホーム等施設のお薬の管理も担当しており、Dr往診同行もしており、処方意図を知ることができるため実際の薬の使い方も勉強できます。
また患者様の薬の効果や副作用も直接視ることができるためより、深い知識が得られます。

大歓迎!!薬剤師募集!!
在宅医療
徳永薬局店舗一覧
適正薬剤師診断
徳永薬局ブログ
徳永薬局店舗ブログ
株式会社グローライフ
お問い合わせはこちら