logo採用情報

logo徳永薬局株式会社採用情報

042-370-7251

採用に関するお問合せLINE

徳永薬局ってどんなところ? 先輩からのここだけの話 Voice seniors

HOME採用情報先輩からのここだけの話2010年 入社 【 課長/本社事務 】 杉内 のぞみ

2010年 入社 【 課長/本社事務 】杉内 のぞみ

「現場の事を気軽に相談できる本社の人」という存在になれたら

調剤事務から本社へ異動の話を頂いた時、前例がないので迷いもありましたが、現場と本社の橋渡し役になりたい、本社という立場から店舗を支えたい、と考え異動を決意しました。最初は、同じ会社でも本社と現場の業務内容はもちろん全く違いましたし、戸惑いも多かったですが、本社という広い視野で様々なことを見る立場になり、調剤事務の存在が薬局の顔として、薬剤師のパートナーとして、常に成長が求められていることを再認識しました。

薬局にはかかりつけ薬局、地域住民の皆さまの健康づくりを積極的に支援することが求められており、薬剤師の業務は多岐にわたります。調剤事務の役割は、そんな薬剤師の負担を軽減し共にかかりつけ薬局としての機能を発揮する必要があります。
徳永薬局にはベテランの事務さんも多いので知恵を出しながら定期的な研修や会議を行うことで個々のスキルアップを図っています。
また、より働きやすい環境を作る為にも事務業務の統一を行っていくことも課題となっています。薬局は現場主体ですので、今後はそういった面も含め、現場からのリアルな声を吸収しつつ、本社という立場から社内の統一を図っていきたいと考えています。

現場で培った知識を社内講師として落とし込む

最近では、現場の知識を活かしビジネススキルの講師も担当しています。
現場では臨機応変さが求められますので丁寧な言葉使いや態度はもちろんですが、マニュアル通りの応対ではなく、患者様の立場に立った目線が大切だと感じています。研修では、現場での実体験を参考に事例を作成したりと日々、試行錯誤していますが、現場でも明日から使える、すぐに役立つ研修をデザインするように心がけています。
ひとりひとりの対応で、患者さまの不安を少しでも解消できるよう、日々、自身が現場にいた頃と重ねながら研修を準備しているのですが、「今日の研修を受けて本当によかった」という声を聞くと、また次も良い研修を作ろう!と思えるんです。

OFFの日の過ごし方

週末はのんびりしていることも多いですが、季節を感じられる遊びが好きで、海や山にドライブに行くこともあります。連休が取れる時には、国内や海外へ旅行へ行っています。弾丸旅行になることもしばしばありますが、短い時間でも、知らない土地の空気や文化を感じてリフレッシュしています。

新卒・中途採用のお問い合わせはこちらまで

採用担当 徳永薬局本社 人事部

ゆる~い日常を日々更新中!